スタッフブログ

良質のたんぱく質で筋肉作り、その1。

良質のたんぱく質で筋肉作り、その1。

アスリートの皆さんの治療にも携わらせて頂いていますので、今回は「強い筋肉を作るためのたんぱく質」について、ご紹介いたします。

良質の筋肉なくして、良いプレーはできません。

しかし、良質の筋肉は、ただトレーニングさえすればできるか、というとそうではありません。正しい食事と休養、特に食生活の重要性を認識することが大切です。

良い筋肉をつくる良質のたんぱく質とは。

たんぱく質は、臓器・筋肉・酵素・ホルモンなど、私たちの身体を形作るために大きな役割を果たしている栄養素です。筋肉組織の実に80%がたんぱく質でできているため、筋肉の量を増やすには、「良質のたんぱく質」の摂取が必要です。筋力アップに欠かせないたんぱく質は、20種類ものアミノ酸が結合してできており、そのうち9種類は「必須アミノ酸」と呼ばれ、食べ物から摂取しなくてはなりません。

良質なたんぱく質とは、この必須アミノ酸をバランスよく含んでいることが条件。大豆やチーズ、マグロの赤身がお勧めです。

これらは、筋肉のたんぱく質分解を抑える、損傷した筋繊維を修復するなどの働きもあり、疲労回復を早める効果もあります。

関連記事

予約 酸素カプセル アウンズヤナギハラ 知久屋の美味しい夕食宅配 ジュニアアスリート浜松 ケイスポーツ
ページ上部へ戻る