スタッフブログ

いつまでも健康でいるために 「噛むこと」を考える。

噛むこと

普段の食事の中で何気なく行われている「噛む」ということ。
「よく噛みなさい」などといわれますが、なぜそんなに「噛む」必要があるのでしょうか。そもそも「噛む」とはどういうことなのでしょうか。

消化・吸収のサポート。
食べ物をしっかり噛んで小さくすることは、胃や腸での消化を助けることになります。また、噛めば噛むほど出てくる唾液は、食べ物と混ざると刺激性が抑えられ食べ物が胃にやさしくなる効果があります。

唾液の効果。
噛むことで増える唾液は、食べ物を分解する酵素や消毒、抗炎症効果、歯を強くするものまで、様々な成分でできています。何もしていない時と比べて噛んでいる時には5~10倍も出てくるそうです。

顔の骨や筋肉も丈夫に。
噛んだ刺激が歯からあごの骨に伝わり、骨の甲にある細胞が刺激されます。するとその細胞は栄養やカルシウムから密度の高い骨を作ります。噛むことは、顔の骨や筋肉を丈夫にしているのです。

やわらかい食ベ物が多くなり、昔に比べて「噛む回数が減った」とも言われます。「噛む」ことで脳の機能が活性化され、認知症予防に役立つこともわかっています。あらためて「噛む」大切さを見直してみませんか。

関連記事

予約 酸素カプセル アウンズヤナギハラ 知久屋の美味しい夕食宅配 ジュニアアスリート浜松 ケイスポーツ
ページ上部へ戻る