酸素カプセル

  1. ウォーキング

    早歩き法で、無理なくウォーキング。

    ウォーキングを始めてみたものの、「疲れるだけで効果がイマイチ」と思っている方はいませんか。せっかく始めたウォーキングですから、長続きして健康の維持に役立ててほしいと思います。そこでおススメするのが“早歩き法”。

    続きを読む
  2. 交通事故

    交通事故が多い月は12月ですが…。

    警察庁の統計によりますと、交通事故が発生しやすい月は12月と言われています。日が短くなっていることや、交通量が増えること、また慣れない道を走る運転手が増えることなどが理由。しかし、当院では10月も半ばの今、不運にも交通事故に遭ってしまった、という患者様の治療が増えております。

    続きを読む
  3. 酸素カプセル

    酸素カプセル導入から半年が過ぎました。

    今年4月に酸素カプセルを導入し、約半年が過ぎました。治療効果を高めるために併用頂いている方や、酸素カプセルだけのご利用でわざわざご来院いただく方もたくさんいらっしゃいます。

    続きを読む
  4. 測定会ごとに記録更新

    水泳部の学生さん 測定会ごとに記録更新!

    当院で治療させていただいている水泳部の学生さん。先日も「測定会の度に、記録が上がっているんですよ!」と大変嬉しいお話を聞かせてくださいました。「測定会の度に!?」。

    続きを読む
  5. 筋肉痛と肉離れの違いとは。

    筋肉痛と肉離れの違いとは。

    「筋肉痛と肉離れの違いは何ですか?」とご質問をよく受けます。筋肉痛も肉離れも、共に筋肉が傷ついてしまって起こる症状です。見分け方としては、急に運動した時などに体や筋肉が痛くなってしまうのが筋肉痛。数時間後~1、2日後に痛みが出始めて、数日で治ります。

    続きを読む
  6. 水

    施術後には、コップ1杯のお水をどうぞ。

    マッサージによって筋肉が緩められると、リンパ液や血流の流れがよくなります。施術後に身体がぽかぽか感じるのも血流が良くなっている証拠です。そこで、マッサージ後にコップ一杯のお水分を飲んでいただくことをおススメします。

    続きを読む
  7. 湿布

    冷湿布と温湿布、どっちを貼ったらいいの?

    「腰痛があるかた湿布を貼ろう」と思っても、湿布には“冷湿布と温湿布”があり、どちらを貼っていいのか迷うと思います。ぜひ症状に合わせて上手に使って頂きたいものです。一言でいえば、「冷湿布は急性の痛みに」「温湿布は慢性的な痛みに」と覚えると、いざという時の湿布貼りにわかりやすいと思います。

    続きを読む
  8. 肩こり

    首や頭部の血流の状態の悪さが「肩こり」です。

    首から頭部にかけて送られている血流が停滞してしまうと、疲労物質がたまりやすく、また神経伝達物質の働きがうまくいかなくなり、頭痛や吐き気・眼の疲れ・集中力の低下・イライラ・憂鬱・不眠・手のしびれ・手足の冷え等につながってしまいます。また皮膚への血流が滞ることによる肌のトラブル等々。

    続きを読む
  9. ジュニアアスリート浜松

    「大会で良い成績を残すことができました!」と嬉しいお声が。

    リニューアルし、“ジュニアアスリート”の小・中学生から高校生、たくさんの生徒さんたちに通って頂けるようになりました。

    続きを読む
  10. 酸素カプセル

    骨折後のリハビリは酸素カプセルと併用で。

    骨折などの診断名が出た場合は、医療機関で経過を診ながら通院することが必要です。ただし、医療機関での治療が終わり、ギプスが外れた後は、手技や筋力トレーニング・ストレッチ等を積極的に行い、一日も早く普段の生活に戻れるようにリハビリにも力を入れること大切です。

    続きを読む
予約 アウンズヤナギハラ 知久屋の美味しい夕食宅配 ジュニアアスリート浜松 ケイスポーツ
ページ上部へ戻る