スタッフブログ

太りにくい、夜遅くの食事のとり方とは。

太りにくい、夜遅くの食事のとり方とは。

夜9時を過ぎると脂肪をため込む働きがあるたんぱく質が急増し、太りやすい体になります。ですから夜の食事は夜9時までに食べ終えるのが理想。ただ、そうはいってもいろいろな事情で夜9時を過ぎて夕食をとることもあります。そんな時にはちょっとした工夫で乗り切りましょう。

  1. 炭水化物は控えめに
    夜遅くに炭水化物をとると消費しきれずに脂肪として蓄えられます。ごはんやパンなどの炭水化物はできるだけ控えるようにしましょう。
  2. まずは野菜から
    最初に野菜を食べることで満腹感を得られ、食事の量を減らせます。
  3. よく噛む
    噛むことで食欲を抑えたり、体脂肪を分解する物質が出ます。また、ゆっくり食事をすることで脳の満腹中枢が刺激され、少ない量でも満腹感を得られやすくなります。
  4. 夕方6時までに間食をする
    食事と食事の間の時間が長くなると、体はより脂肪をため込もうとします。夕食が夜9時を過ぎそうな時は、まだ脂肪をため込みにくい夕方6時までに、間食としておにぎりなどの炭水化物を食べましょう。
  5. 朝食を抜かない
    夜遅く食べたからといって朝食を抜くと、脂肪をため込む働きがあるたんぱく質はますます増えます。朝食は少しでも食べるようにしましょう。

関連記事

予約 酸素カプセル アウンズヤナギハラ 知久屋の美味しい夕食宅配 ジュニアアスリート浜松 ケイスポーツ
ページ上部へ戻る