スタッフブログ

整形外科と整骨院、むち打ち症の“治療”の違い。

整形外科と整骨院、むち打ち症の“治療”の違い。

不運にも「交通事故に遭ってしまった」「追突されてしまった」という場合、まずは病院(整形外科)で治療をうけていただきます。レントゲンやMRIでしっかり診断していただくことが何よりも大事です。

当院でも、交通事故の患者様の治療に携わらせて頂きますが、よく患者様から「『整形外科』と『整骨院』での治療の違いは何ですか?」と聞かれることがあります。

病院(整形外科)等の医療機関では、レントゲンやMRIで症状の診断がなされますが、整骨院では、むち打ち症(頸椎捻挫)・腰痛(腰部捻挫)・打撲・捻挫・肉離れなど、レントゲンなどの精密機械ではわからない筋肉や関節の異常を把握し、後遺症を残さないように繊細な治療を行わせていただきます。

つまり、医療機関では定期的に検査を受け体の状態を把握し、その後は後遺症の残らない健康な身体作りを整骨院が担っている、というわけです。

ひと言で“交通事故の治療”と言っても、病院(整形外科)と整骨院では、治療の仕方に大きな違いがあります。おわかりいただけましたでしょうか。

関連記事

予約

酸素カプセル

まいーか浜松

知久屋の美味しい夕食宅配

ジュニアアスリート浜松

ケイスポーツ

ページ上部へ戻る