スタッフブログ

除夜の鐘の最後の1回は…?

除夜の鐘

大晦日に除夜の鐘をつく習慣は、仏教が浸透してきた鎌倉時代くらいから始まったと言われています。

大晦日(12月31日)の深夜24時(元旦の零時)の前後に耳にし、大晦日の晩に108回つくと思われがちですが、その年の煩悩を煩わされないようにといった意味を込めて最後の1回は、実は新年になってからついているのです。

今年の大晦日、耳を澄ませていてくださいね。

関連記事

予約 酸素カプセル アウンズヤナギハラ 知久屋の美味しい夕食宅配 ジュニアアスリート浜松 ケイスポーツ
ページ上部へ戻る